スターパートナーズ

ご成約事例

解体工事×資源リサイクル

自社同士だけでは為しえない大きな目標へ。
社長の熱い想いとそれに応える”感動体験”。
M&Aが北海道の地に産み出した奇跡。

譲渡企業

株式会社木村工務店

譲受企業

株式会社鈴木商会

ご成約インタビュー

譲渡企業

〜株式会社木村工務店 代表取締役 木村秀明

事業を売却しようと思ったきっかけを教えてください

新天地での営業展開のため、当初は新天地に根差した同業者の買収を考えていました。
某地銀のM&A部署にお願いし、1年半を費やしてトップ面談にこぎつけましたが、ある理由により破談となりました。
そんな時にスターパートナーズ様よりDMを頂きました。
最初は正直あてにしてはいませんでした。試しに連絡をとったところ直ぐに星野社長と担当の原さんが会社まで来てくれました。
たくさんの財務関係書類を提出した後に会社概要書が出来上がり、これをもって相手先を探すとの事。
一抹の疑念を抱きつつもお願いすることにしました。

スターパートナーズを選んだ理由

ダイレクトメールをくれた事です。
同時に地銀(前回とは別な)にも相談しましたが相手先は見つかりませんでした。
ですがスターパートナーズさんは、わずか2か月ほどで今回のお相手である鈴木商会様を連れてきました。
失礼ですが、正直それほど期待していなかったため(笑)こんな良いお相手を連れてきてくれた事にびっくりしました。
すぐにアドバイザリー契約を結び交渉に入ることにしました。

今回のM&Aで大変だったこと

やはり多数の財務関係の書類を用意するのがとても大変でした。
またDDを受けた際の対応など、初めてのことばかりですので勝手がわからずに戸惑うこともしばしばありました。
ですがそんな時に担当の原さんに連絡すると、親身になって丁寧に教えて下さり本当に助かりました。
この場を借りてお礼を言わせてください。本当にありがとうございました。

鈴木商会さんとの出会いの印象

2020年10月に駒谷社長及び役員の方々とトップ面談を行いました。
鈴木商会様とは既に取引があり、会社の概要等もわかっておりましたので株式譲渡後の、私が考えていた今後の木村工務店の目指す方向性、株式譲渡の条件などについて、ざっくばらんにお話させていただきました。
1時間程度の時間であったと記憶しておりますが、一定の理解が得られたのではないかと思料しておりました。
駒谷社長と役員の方々は解体事業への進出を真剣に考えているんだなという印象を強く持ちました。
現在、株式譲渡が完了し得意先への挨拶回りを行い忙しい日々を送っております。
今とても強く感じていることは、今回のM&Aは木村工務店にとって良いことずくめであると確信しております。
これから会社は間違いなく大きく成長できることでしょう。
私も引続き、取締役として仕事をすることができますが、代表であった以前よりも仕事に対する意欲が強くなりました。
目標を成し遂げられるよう、日々精進したいと思っています。